読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

私は遠距離恋愛で、同棲もせず寿退社…いつも一緒で嬉しい/結婚して良かったこと・悪かったこと(自由が減ります)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

いつも一緒で嬉しい反面、自由が減りえる結婚

好きな相手とは、いつでも一緒にいたい。家族になりたい。
それが叶うのが結婚です。
私は結婚して数年しか経っていませんが、結婚し相手の大切さとは老後に感じるのではないかと思います。
結婚適齢期の時期は、まだ周りに人が多くいます。親兄弟、友人、同僚。しかし、年老いていくにつれ、亡くなったり定年を迎えたりと、関わりが少なくなってきます。

その時、パートナーがいたり子供がいたりで、人との関わりが維持されるのだと思います。
また、同棲とは違い、法的にも保証されているのは、お互い心強いです。

悪いという事柄を挙げるなら、自由が減ります。
時間、お金、などなど。
私は遠距離恋愛で、同棲もせず寿退社だったので、ずっと同棲していて、結婚後も同じように働いている方とは少し違うかもしれません。
ですが、独身の頃のように、気に入った服や装飾品をポンッとは買いづらいですし、一晩中遊び歩くのも、考え物です。

そして、多くの女性に当てはまることは、名字が変わることです。
銀行やクレジットカード、保険など全ての名前変更が必要になり、手間がかかります。なにより、自分もまだ、新しい名字に慣れていないのです。
うっかり、旧姓で記名しかけたことが何度かあります。

最後に、大切なことは思いやりです。
それまで、他人だった二人が一緒に生活をするというのは、感覚や考え方に差があり、我慢しなければならないこともあります。
しかし、それもお互い様。自分だけが我慢しているわけではないのです。
時には意見をぶつけ合ったりしながら、寄り添い、お互いの妥協点がみつかると長く一緒にいられるのではないかと思います。