読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

マクロス7/アニメ最終回感想ネタバレ注意!あらすじ・最後の敵であるゲペルニッチ、彼に対してなおも歌い続けるバサラに…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アニメ・マクロス7、泣き所満載の熱い作品でした

「俺の歌を聴け!」
この台詞は主人公熱気バサラが作中で度々口にする言葉であり、作品のテーマであり、物語の一番熱い所でもあります。
最終回でもそれは遺憾なく発揮されました。

全話で登場するのに台詞も名前も明かされない「花束の少女」、バサラに花束を渡そうとするも毎回失敗していた彼女がパラグライダーで移動するバサラに向かい、キリッとした表情を見せて花束を投げ渡すシーン、あれでまず鳥肌が立ちました。
ずっと気弱だった少女が精一杯の勇気で頑張ったんだなと感動もひとしおというものです。

最終決戦、力が抜けていく中でのバサラの回想は少年時代、彼が山に向かって歌っているシーンでした。
そして力を失ったバサラの口から歌が漏れ出し、傍らの花束と共に復活するシーンは燃えました。
そしてその時の台詞は今でも記憶に残るくらいの感動をもたらしてくれました。
「うおお今日こそ動かしてやるぜ!山よ!銀河よ!俺の歌を聴け!」

機体を壊され危機となったバサラを救ったのは敵であるシビルでした。
最後の敵であるゲペルニッチ、彼に対してなおも歌い続けるバサラに続き彼女の口からも歌が漏れ出しました。
そして最後はゲペルニッチの口からも……
あの感動は今も忘れえません。