みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

金曜ロードショー「永遠の0」感想!第二次世界大戦の特攻を舞台にした宮部久蔵(岡田准一)の生き様を描いた物語…(ネタバレ注意)。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

金曜ロードショー 永遠の0 主演 岡田 准一 2015年7月31日 地上波初登場

第二次世界大戦の特攻を、舞台にした、宮部久蔵(岡田准一)の生き様を 描いた 物語です。 戦時中は、上官の言うことが、絶対で刃向う事すら絶対に許されなかった時代だったのだと感じ、とても複雑な心境だったのではないかと思います。

特攻に対して、あまり知らないことだったので、なぜ当時の日本軍は、特攻をさせたのか理解できません。若者の命を、物にしか見てなかったのではないかと感じました。自らの命を犠牲にしてまで、お国のために戦う時代で、どれだけの兵隊さんが、家族の元へ帰りたかったでしょうか。この戦争に、勝ち目はあって、やっていたのでしょうか。当時の日本軍の考えは、間違っていたと思いました。もっと一人ひとりの命を大切にしてほしかったです。宮部の、私は死にたくありませんと、言う言葉。印象的でした。 本心を、言えた人たちは、どれくらいいたのでしょうか。命をお国にささげる時代に生きる覚悟。現在の若者達に、どれだけ言える人がいるでしょうか。宮部さんは、生きて奥さんのところに帰ってほしかったです。もっと早く 日本政府が 終戦を選択していれば、どれだけの人たちの命が救われたでしょうか。とても感動する映画でした。岡田准一さんの演技もとてもよかったです。