読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

フランダースの犬/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・ネロは最後に見たかったルーベンスの絵の前で息絶えました…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アニメ 『フランダースの犬』の最終回が忘れられないです

世間の冷たさや人にいじわるされても、純粋な心と人を信じる心を失わなかった、主人公少年ネロと少年を最後まで愛した犬パトラッシュ。最終回で、ネロは最後に見たかったルーベンスの絵の前で息絶えました。パトラッシュもネロを追いかけてきてネロとともに天国へ旅立ちます。それを見て、今の世の中、善人でいると損をすることが多いけれども、純粋な心を持ち、人を信じ続ければ最後には救われ、いいことがある、徳を積むことができるのだと感じています。

財布を届けたネロは、盗人だと疑われても、その人物を恨まず、相手の幸せを願ったのです。ネロのように、美しい心でいたから、最終回でネロは天国に行けたのです。
パトラッシュという犬は、聡明でネロを愛し続け、雪の中、少年ネロを追いかけ、教会のルーベンスの絵の前に来るのです。
そのパトラッシュの、主人を思うけなげさに、感動しました。犬が主人を思う、思いの強さが素晴らしいと思い、犬でさえ人を信じるのだと涙が出そうになりました。
教会で、幕がかかっていたネロがずっと見たかったルーベンスの絵のカーテンが、風か何かの力で、ふわっとめくれて絵が見えたとき、美しい心でいれば恩恵が生まれ、思いは報われるのだなと、『フランダースの犬を』見ているものも救われるとの思いも湧き上がってきたのを覚えています。
最終回まで苦しんできた少年ネロとパトラッシュの、幸せそうな顔とともに、ルーベンスの絵が見え、ネロとパトラッシュが天使とともに天国に上っていくと、美しい何とも言えない音楽がきこえてきたので、心が洗われるような気がして涙が出てきました。
『フランダースの犬』の最終回から、ネロのように美しい心を持ったことで恩恵もあるのだということ、人生を生きる厳しさせつなさを教えてもらいました。
また、パトラッシュが少年を最後まで信じたのを見て、人を信じることができるパトラッシュを見習おうと思っています。
『フランダースの犬』最終回の記憶は今、どこかに自分を本当に愛し信じてくれる誰かがいるとの思いも生まれることに変わり、生きる力となっていて、少年ネロとパトラッシュの生き方を無駄にしないように生きよう、パトラッシュと少年ネロに恥じないように生きようと思っていますので、アニメ『フランダースの犬』が忘れられないです。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

創真は人としても料理人としてもスケールの大きい男になって、父に挑み初めて勝利した後店を継ぐと思います。その頃には業界に創真の名前が知れ渡っているでしょうから、「食事処ゆきひら」は、一見普通の定食屋だけど、時折お忍びで物凄い有名人とかが訪れる、知る人ぞ知る名店になってると思います。

結末予想ネタバレ注意!食戟のソーマ/最終回・傍には城一郎が息子に伝えようとしていた「自分の料理のすべてを捧げたいと思えるような女性」がいると思います。 #COMIC - みんなの恋愛ブログ。