読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

アニメ鋼の錬金術師/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・お父様との最後の戦いに勝ち、真理の扉と等価交換にアルを扉の向こうから…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アニメ・鋼の錬金術師のラストシーンでの台詞は名言

お父様との最後の戦いに勝ち、真理の扉と等価交換にアルを扉の向こうから取り戻す最終回。錬金術がなくても、ずっと側にいた兄弟、旅を通して出来た仲間、支えてくれた軍の皆、待っててくれる家族、その全ての存在に気付き「錬金術がなくてもみんながいるさぁ。」の台詞に自分も今あるものに感謝しなくてはと思いました。ラストシーンでは「痛みを伴わない教訓には意義がない。

人は何かの犠牲なしに、何も得る事などできないのだから。しかしそれを乗り越え、自分のものにした時人は何にも代えがたい鋼の心を手に入れるだろう。」の台詞はオートメイルの腕と足により“鋼の錬金術師”と呼ばれていたエドが錬金術を捨て、今は鋼の心を持っているという意味でも重みがあります。どの人物に焦点を当てても名言があり、皆自分に出来る精一杯のことをして誰かのためになろうとするラストシーンは最高だと思います。真理の扉は「
私はおまえ達が“世界”と呼ぶ存在、あるいは“宇宙”あるいは“神”あるいは“真理”あるいは“全”あるいは“一”そして私は“おまえ”だ」と言っていますがそこに人間の本質があり、よく考えられた作品だと最後まで感動しました。