読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「行かずに死ねるか! 世界9万5000km自転車ひとり旅 石田ゆうすけ」ネタバレ注意・著者はバカがつくくらいに感動屋さん(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

行かずに死ねるか! 世界9万5000km自転車ひとり旅 石田ゆうすけ

強烈なタイトルですが、読み進めていくうちにとても感動してしまう一冊です。
著者の石田ゆうすけさんが、実際に自転車で世界を周ったノンフィクションで、その距離なんと9万5000km!そして時間にして7年!
その2つから、とても過酷なエピソードを想像してしまいますが、実際は感涙してしまうことのほうが多いはず。
なんといっても、著者はバカがつくくらいに感動屋さん。目にした光景、出会った人物、体感したことなどを、巧みな言葉で表現します。
そして山や川などの自然から、遺跡、人などの描写が細かく書いてあるので、読んでいるだけで、まるでそこに行ったような気分に浸れます。
エピソードは旅の工程通り、アメリカ大陸からヨーロッパ、アフリカ、アジアの順で記されていますが、中でも個人的に一番興味をそそられるのは、グアテマラにあるティカルというマヤ文明の遺跡に行くエピソード。
著者は人気が少ない早朝を狙ってティカルに登るのですが、その見事な描写を読んだら、あなたも必ず行きたくなるでしょう。
そして本の最後は涙なくしては読むことができないと思います。
普遍的な日常に疲れを感じている人にはぜひおススメの一冊です。

ありがとう寄稿。

一緒に考えさせられる問題を鴻鳥先生が柔らかい口調でありながらストレートに本質を突いてきます。

コウノドリ4話『助けたい!あまりに小さいその命』ドラマ感想&あらすじ・妊娠21週目の妊婦が破水をして、生存の可能性の上がる24週目、500gまで何とか(ネタバレ注意)。 #DRAMA - みんなの政治経済ブログ。

コウノドリは第一話から毎週見ています。初めはキャスティングと医療ドラマという事に惹かれて見始めたのですが、予想以上に良いドラマで毎回泣かされます。

コウノドリ6話/ドラマ感想&あらすじ・不妊治療の末に授かった43歳の妊婦さんが臨月に入って高血圧で(ネタバレ注意)。 #DRAMA - みんなの恋愛ブログ。