読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「徹底攻略Java SE 7 Silver問題集」ネタバレ注意・通称「黒本」と呼ばれているシリーズで、「紫本」などと合わせて使う人が多いようです(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

徹底攻略Java SE 7 Silver問題集、これ一冊で試験クリア!

実務でJavaをやっているので、Bronzeを飛ばしてSilverを受けることにしました。
この本は通称「黒本」と呼ばれているシリーズで、「紫本」などと合わせて使う人が多いようです。
もちろん試験を受ける前に、例題は多く解いた方がいいに決まっているし、いろんなパターンを経験した方がいいとは思いますが、私はこの黒本一冊で十分でした。

まず、それぞれの章の問題を解きます。
最初はかなり間違えました。実務で使わない型が多かったので…。
間違えたときは、解説に詳細が書かれているのできっちりと読み込みます。
「なぜ違うのか」「なぜあっているのか」を理解しないと、同じ問題を繰り返し解いても、答えの記号を覚えていて回答しちゃったりするので…。

そうして問題を全て理解してから、後半に載っている総仕上げ問題をやりました。
前半の各章をカンペキにしたつもりで挑んでも、正解率は6割ぐらいだったので、とても恐くなったのを覚えています。
けれどこの本には総仕上げ問題が2回分ついているので、その2つもしっかり押さえれば恐いものはないです。
私はこの勉強の仕方で、本番で9割以上のスコアをとり合格することができました。

初見で各章問題が3-4割しか取れなくても、解説を見て理解できる実力があれば、これ1冊で十分です。

ありがとう寄稿。

暗渠の宿は、西村賢太による私小説作品です。西村賢太のデビュー作品である「けがれなき酒のヘド」が併録されています。これもおもしろい。

感想・書評「暗渠の宿:西村賢太」ネタバレ注意・内容は、中学卒業後、家を出て日雇いの肉体労働でギリギリの生活を送る主人公(レビュー)。 #読書 | アフィリエイト収入で生活したいブログ。