読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

ハッピーエンド、由希と夾はずっと透を取り合っていて…フルーツバスケット/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ。 #漫画


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

フルーツバスケットの最終回は本当にすっきりとしたハッピーエンドだった。

フルーツバスケットの最終回は、最後まで読むまでずっと不安でした。
問題が解決すると思ったらまた新たな問題が起きる漫画でしたので、最後も何かあるのかな?とも思っていました。
しかし最終回では、由希と真知がいちゃついていたり、ずっと複雑な関係だった紫呉と慊人がようやく普通の恋人のような雰囲気で隣で歩いていたり、さらには透と夾に孫が出来ていたり。本当にハッピーエンド、という言葉が相応しい最終回でした。

由希と夾はずっと透を取り合っていて、最終回で決着がついてどちらが透の隣にいるのかな、と思っていましたが、まさか由希にとっての透がお母さんのような存在、という形に収まると思いませんでした。
そしてさらに守りたい存在、という形で真知を選ぶとも予想できませんでした。
由希と透がくっついてほしい、という読者も多々いたでしょうが、この形に収まることで皆納得できるような最終回だったと思います。
なにより、透の母が夾に伝えたかった「許さないから」の本当の意味が知ることが出来たのが、とても安心しました。

皆の心に残る、心の底からホッとするような最終回でした。

ありがとう寄稿。

誉田哲也さんの姫川玲子シリーズとジウシリーズのコラボ作品です。2冊同時刊行で、こちらのルージュは姫川玲子サイドで描かれています。2つの人気シリーズが夢の競演ということで、ファンにはたまらない企画ではないでしょうか。

感想・書評「硝子の太陽R ルージュ:誉田哲也」ネタバレ注意・姫川玲子シリーズとジウシリーズのコラボ作品です(レビュー)。 #読書 | 大人がおすすめる漫画日記。