読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想レビュー「それでもボクはやってない:痴漢冤罪」1人の男性が満員電車に乗り、その際に服がドアに挟まれそれをとろうとした所女の子に痴漢されたと言われ・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「それでもボクはやってない」→電車に乗ると今でも思い出します

私が選んだ泣ける映画は2007年に公開された「それでもボクはやってない」です。この映画は1人の男性が満員電車に乗り、その際に服がドアに挟まれそれをとろうとした所女の子に痴漢されたと言われ裁判で家族と共に戦う話です。さらにこの映画では警察が男性に毎日怒鳴りつけるように痴漢をやったと言えっと言っているシーンがあり、冤罪を作るような警察の実情を表しているのだと思いました。

この話は実話ではありませんが実際に現実でもあり、このようなことはあってはならないと思いました。この男性は家族や弁護士と証拠を集め再現動画も作りさらにその当時見ていた女性を探し裁判で戦います。しかし高裁にいくまですべて負けてしまいます。最後に男性が高裁で戦うことを決めたところでこの映画は終わってしまうのですが私は最後の最後で感動しました。それは男性が痴漢されたと証言した女の子は間違っているとどんなに証拠を集めても客観的に見てその男性の犯行は無理だと思っていても有罪になってしまう所がすごく悔しい場面でもあったからです。何年も縛られ自由の無い生活。何もやってないのに信じてくれるのは家族と弁護士のみ。私には到底耐えられません。そんな事があっていいのか。警察が何も調べずに片付けようとする姿勢は間違っていないのか。そんな感情が私の中でぶつかりあいました。ほんとうに涙が止まらないぐらい泣きました。すごく面白い映画でもあり、すごく現実に近いので感情移入しすぎてしまう映画でした。さらに現在の日本警察の現状を突きつけられた映画でもありました。少し古い映画にはなっていますが私はとてもおすすめします。1度見てみなさんも泣いてください。

ありがとう寄稿。

主人公は今時(当時)の女子高生の御景妖。天真爛漫でなぜかとても音痴なのですが、実は天女セレスの生まれ変わりだったのです。通っている高校の「安室奈美恵」と自称しているようですが、音痴。第一話のカラオケでの発言が「んもチョベリバッーってカンジ」。この発言の古めかしさからこの作品がどの時代に描かれていたかがわかります。

妖しのセレス全14巻(渡瀬悠宇)感想&あらすじ・主人公は今時(当時)の女子高生の御景妖…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。