読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「行動する仏教:阿満利麿」ネタバレ注意・苦しみを取り除く行動として仏教を捉え直し、「凡夫」という仏教理念に基づいた忍耐力(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『行動する仏教』(阿満利麿):凡夫の実践こそ希望

日本の仏教が葬式仏教と揶揄されてだいぶ時間が経ちました。しかし、今でも仏教=葬式仏教のイメージはなくならず、むしろこのイメージが強化されているような感じがします。この本では苦しみを取り除く行動として仏教を捉え直し、「凡夫」という仏教理念に基づいた忍耐力をつけることで「希望」を持つことを説いています。一見すると、単なる宗教家の綺麗事に思えます。

しかし、「凡夫」を自覚した人々がお互いに足りない部分を補って成立するのが社会や共同体だとすれば、筆者の主張は決して綺麗事ではなく、むしろ現代社会で求められていることなのではないでしょうか。実際、現代人の中には失われた社会や共同体を取り戻そうとしている人も少なくありません。本書によれば、彼らの姿こそ「凡夫」の実践そのものであり「希望」なのです。本書を読むと「凡夫」である自分でも何かできることがあり、何かしらの実践ができるんだという力が湧いてきます。漠然とした不安やモヤモヤ感に包まれている方にぜひ読んでほしいと思います。

ありがとう寄稿。

最期のKが言ってた言葉「死して残してなお・・」と言うのです。やはり一人で闘っているからこその気持ちが伝わるのではないかと感じるばかりでもある。

スーパードクターK 心臓移植編 第17話「最期の闘い」(真船一雄)感想&あらすじ・雷神は村中では負けなしでもあるのですが病気を理解出来ない…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。