みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

花子とアン第68話/感想&あらすじ・日宇田川満代さんに原稿を頼んできてくれ、初めての仕事が…(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

NHK連続テレビ「花子とアン」第68話 村岡英治(鈴木亮平)

私は甲府に6年間いたそこでは、グットモーニング、グットアファタヌーン、グットイブニング、この英語を使うのがやっとだった。
貴女には翻訳の才能があるのに残念です。村岡印刷さんはそのまま帰った。つぎの日宇田川満代さんに原稿を頼んできてくれ、初めての仕事が苦手な宇田川さん、かよの店で仕事している所へ頼みに来た。

自分は子供の本は書かない、それと貴女は小説家にも向いていないが出版社はもっと向いていない、強い態度で花に上目線で話すだけ話したらさっさっと帰って行った。店にいたお客さんがまずいコーヒーだ、宇田川の傲慢な態度が周りの人まで不愉快にさせたようです。あっそれと彼女に共感することがある貴女は出版社には向いていない。花は初対面の人にダメ押しされた。今甲府から出て来たばっかりなのに帰れない。
賞をもらった時もそうだが花は東京の空気に触れたばかり、世に中を知っていく新しい試練を花らしく受け止めようとしています、くじけないで頑張れ。