読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「玉村警部補の災難・著者:海堂尊」ネタバレ注意・加納警視正ファンにはたまらない作品に仕上がっている(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

タイトル 玉村警部補の災難  著者 海堂尊

バチスタシリーズにちょっと飽きてきたので、しばらく読んでなかったが、スピンオフっぽいので試しに読んでみた。
タマ(玉村警部補)が巻き込まれた(?)事件をタマ視点で書いていく。一話完結で読みやすい。

タマの視点からなので、難しい専門用語もバチスタシリーズを読んでいるのなら、いつもの用語しかでてこないので、ストーリー以前に重要な設定を理解する必要がない。あのなつかしい事件や螺鈿迷宮などの事件にも少し触れ、事件を振り返るタマと田口先生のやり取りと同じような気分に浸れる。
また、タマ視点なのでもちろん加納警視正との掛け合いが必須で、加納警視正ファンにはたまらない作品に仕上がっている。
良くも悪くも、海堂尊らしい作品である。
ただ、やはりパターン化しているので、安心して読めるといえばその通りなのだが、いつものお決まりパターンで飽きてきたな、という感想も否めない。
それでもやはり、これはスピンオフということもあるので、本編に期待したい。