読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「カント・アンジェリコ:高野史緒」ネタバレ注意・電気という一見無機質なものが加えれたロココ時代に繰り広げられる(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

高野史緒『カント・アンジェリコ』 官能に満ちた声楽SF

 高野史緒の作品は、いつも一風変わっている。たとえばフランス革命の時代に、たとえばマーラーの時代に、いきなりロボットを、テレビを持ち込んでくるのだ。本書もそんな中の一つ、電気の存在する、ルイ14世時代のお話である。
 本書で取り上げられるのは、去勢されたソプラノ歌手たち。彼らは劣等感と歌手としてのプライドの狭間を揺れ動きながら、電飾けばけばしい中で今日も舞台に立って歌っている。彼らのうちの1人、アンジェリコが要人の死に関わっているとの情報を得て、調査に乗り出す貴族。今は亡き国の王女。そしてそのソプラノ歌手、カント・アンジェリコ。彼らの過去と今が、劣等感と優越感が、眩暈のするような官能の歌が混ざり合い、一つの物語を形成している。
 電気という一見無機質なものが加えれたロココ時代に繰り広げられる、現実のロココ時代をもはるかに超えか官能的な物語。歌とは、最高の芸術とは何なのか。それをまざまざと見せつけられる作品である。

ありがとう寄稿。

主人公は通信社に勤める記者の鶴田。彼はある日偶然コンビニ強盗に遭遇します。記者としてこんなチャンス滅多にない!ばっちり動画をとって、犯人も捕まえて一段落と思いきや・・・この事件から鶴田はある昔起きた誘拐事件に関わることになります。

感想&書評「主よ、永遠の休息を:誉田哲也」(ネタバレ注意)感想レビュー・主人公は通信社に勤める記者の鶴田。彼はある日偶然コンビニ強盗に遭遇。 #Novel | おすすめ面白い小説用ブログ。

最後まで試合が動き出そうとするものです。試合終了と思われていた中で「イレギュラー」が起きてしまうのです。この流れからどの様になってくるのかが見物になってくる。

クロカン15巻第3話「運命のイレギュラー」(三田紀房)感想&あらすじ・京陽にも意地があるものです。この雰囲気が会場を…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。