読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

感想・書評「ふたりの距離の概算:米澤穂信」ネタバレ注意・シリーズ実写予定!日常の中の謎を解くミステリー!?(レビュー)。 #読書


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

シリーズ実写予定!日常の中の謎を解くミステリー!?米澤穂信氏の小説「ふたりの距離の概算」

この小説は、アニメにもなった。「氷菓」という、シリーズの続編です。新巻は2016年の11月に発売の予定です。実写化の撮影も行われているそうです。ジャンルとしてはミステリーなのですが、皆さんがご想像されているミステリーとは一味違います。

それは、日常の中のミステリー、謎を解いていくという点です。皆さんも生活していくと、ちょっとした不思議に思うこと、ありますよね。そんな謎を解いていく、というお話なので、死者が出たりすることはありません。この「ふたりの距離の概算」というタイトルだけを見ますと、恋愛の小説のようにも思えるのですが、恋愛的なお話ではありません。登場人物はシリーズを読んでおられる方はお分かりかりもしれないのですが、主人公は折木奉太郎(おれきほうたろう)というちょっとけだるい感じの高校生です。この時点では高校2年生になったばかりです。ヒロインは千反田える(ちたんだえる)というお嬢様です。性格は、優しくとても良い子です。二人は、「古典部」という部活に入ることで知り合いになります。部員は全員で4名。様々な理由で皆入ってくるのですが、活動は文集を作ること。なのですが、ストーリー全体を見ていますと、謎を解くことが多く出てきます。この「ふたりの距離の概算」では、高校1年生で、新入部員で入るはずであった大日向友子(おおひなたともこ)が、急に入部をやめたいと言ってきたことから始まります。主人公、折木奉太郎は、今までの話のやり取りや、ちょっとしたほかの部員の証言をもとに推測し、大日向友子が入部をやめたいという本当の理由を考えていきます。それが、実は、少し、大きな事件?にもかかわっているのですが、そこは読んでみてのお楽しみですね!タイトルの「ふたりの距離の概算」というのは、時速や速さなど、数学的な感覚でつけられたタイトルです。主人公が考えて推理しているのが、マラソン大会の走っている最中なのです。マラソン大会は、上級生からクラスごとのスタートなので、2年A組からH組1年生と、走る順番はずらされています。2年A組である主人公は、そこで、走りながら推理をし、C組、H組の部員に質問をしては考え、また尋ね、最後は、1年生である大日向に推理を言い当てる。ということで物語が終息します。相手が走ってくる速さや時間差、距離を考え、あとどのくらいで合流するかを考えながら走っていくといった感じで着けられたタイトルです。主人公は、結構遅めに走って、距離や時間をだいたい把握しています。最初タイトルの意味を知ったときは少し意外でした。皆さんもぜひ読んでみてくださいね!

ありがとう寄稿。

小説投稿サイト「小説家になろう」出典の作品で、今秋からコミカライズ連載、そしてアニメ化の話も進行中と人気の高いグルメファンタジーノベルです。土曜日だけ異世界と繋がる飲食店。異世界にはない美味を求めてやってくる客たちが、おいしい料理を食べる様子が本当においしそうで、読んでいるこちらの胃を直撃します。

異世界食堂3巻:著者:犬塚惇平/感想ネタバレ注意!あらすじ・コミカライズ化・アニメ化決定の飯テロ小説…。 #COMIC - ナカノ実験室

栃木県の「にっこり」といゆう名前の「梨」農家の家に出張しました。そして色々な料理を作って頂き美味しそうに食べていました。特に梨の餃子は果物なのに美味しいなんて本当に意外で私も食べたくなってしまいました。

ザ!鉄腕DASH2016年:反射炉/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・レンガを積み重ねて鉄を溶かせるくらいの、高熱をたきあげてる事に城島さんと、山口さんが、挑戦。 #TV | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。