読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

若手芸人が実体験をメロディにのせて途中まで歌い、MC6人がその後の展開を予想・アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意。 #TV


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー【3月21日(火)】

この番組の名物企画のアレンジ版、「クイズ!実体験・作詞ロワイヤル」が面白すぎました。
若手芸人が実体験をメロディにのせて途中まで歌い、MC6人がその後の展開を予想するというもの。
最初のゲストは霜降り明星というコンビの、粗品。ユニバーサルスタジオジャパンに行った粗品に降りかかった災難とは?という問題でした。
これに対し、アキナの答えが「小栗旬のバッタもんやとクスクス笑われた」という回答に、確かに似てる!!ってなりました。
そして、粗品が歌った内容は、ユニバ近くの唯一ある、人がいつも並ぶぐらいいっぱいのコンビニで、宅急便を頼んでる人がいたことでした。
確かに、そこで頼むなよ!って感じですねw
次に歌ったのが見取り図の盛山。くるよ師匠にキャッチコピーをつけてもらったら、相方は岡山のスマートハンサムで、盛山はなんと、「酒井が生んだ豚」という、ただの悪口が...ほんま笑いました!