みんなの恋愛ブログ。

みんなで更新する恋愛に関するブログです。

スポンサーリンク

読書感想

感想・書評「人間そっくり:安倍公房」ネタバレ注意・ある男の家に火星人を自称する男が訪ねてきます(レビュー)。 #読書

「人間そっくり」 安倍公房 安倍公房の作品の中でも特に私が好きなのはこの「人間そっくり」という小説なのですが、この小説のストーリーを簡単にご説明いたしますと、ある男の家に火星人を自称する男が訪ねてきます。しかし、この訪ねてきた男は火星人とは…

感想・書評「洗えば使える泥名言:西原理恵子」ネタバレ注意・著名な成功者や偉人によって語られたものではなく、例えば、同業者(レビュー)。 #読書

洗えば使える泥名言 西原ワールド全開です 西原理恵子さんの「洗えば使える泥名言」と言う本を手にとってみました。ここで言う「名言」は決して、著名な成功者や偉人によって語られたものではなく、例えば、同業者であったりとか、子供であったりとかそのへ…

感想・書評「ブリジット・ジョーンズの日記・恋に仕事にSNSにてんやわんやな12か月(上):亀井よし子=訳」ネタバレ注意・結婚したマークが事故で亡くなっているんです(レビュー)。 #読書

ブリジット・ジョーンズの日記 恋に仕事にSNSにてんやわんやな12か月(上)亀井よし子=訳 3年前の秋、英語の原作本をロンドンの知人に送ってもらい読んだ時から、このシリーズを担当されている亀井先よし子先生の訳をずっと待ち続けていた一人です。

感想・書評「孤独の価値:森博嗣」ネタバレ注意・ぼっちでも気にすることはない、と自分に言い聞かせる(レビュー)。 #読書

森博嗣『孤独の価値』: ぼっちでも気にすることはない、と自分に言い聞かせる。 少し昔の新書(2014年11月発行)ですが、私の好きな作家であるということ、この作家が以前から「静かに暮らしたい」と言っていたことを思い出したということ、そして古本屋で見か…

感想・書評「燃えよ剣:司馬遼太郎」ネタバレ注意・土方さんが格好良くてたまらない(レビュー)。 #読書

司馬遼太郎『燃えよ剣』の土方さんが格好良くてたまらない! 私が直近1ヶ月以内に買った本は、司馬遼太郎の『燃えよ剣』上下巻です。 土方歳三を主人公に幕末という激動の時代を描いたこの作品を、私は高校生の頃に一度、図書館で借りて読んだことがありま…

感想・書評「行動する仏教:阿満利麿」ネタバレ注意・苦しみを取り除く行動として仏教を捉え直し、「凡夫」という仏教理念に基づいた忍耐力(レビュー)。 #読書

『行動する仏教』(阿満利麿):凡夫の実践こそ希望 日本の仏教が葬式仏教と揶揄されてだいぶ時間が経ちました。しかし、今でも仏教=葬式仏教のイメージはなくならず、むしろこのイメージが強化されているような感じがします。この本では苦しみを取り除く行…

感想・書評「マシュマロ・ナイン:横関大・著」ネタバレ注意・主人公の小尾は元プロ野球選手でしたが、身に覚えのないドーピング疑惑によって球界を去った過去(レビュー)。 #読書

「マシュマロ・ナイン」 横関大・著 主人公の小尾は元プロ野球選手でしたが、身に覚えのないドーピング疑惑によって球界を去った過去がありました。その後離婚して妻子とも別れた小尾は、高校の体育の教師として働くようになるのですが、突然校長から呼び出…

書評レビュー:知らないと損する池上彰のお金の学校/感想ネタバレ注意!あらすじ・お金とは何かという話題から始まり、銀行の仕組みや、投資の種類とその仕組み、保険の生い立ちからメリットとデメリットまで…。 #読書

知らないと損する池上彰のお金の学校/池上彰 入り口としてぴったり この本はテレビでお馴染みのあの池上彰さんによって書かれた本です。お金に関するあらゆる事が分かりやすく解説されているため、経済難しそうだなぁ、でもそろそろちゃんと学び始めたいなぁ…

感想・書評「新約聖書を知っていますか:阿刀田高」ネタバレ注意・マリアの夫・ヨセフの系譜が書き連ねられ、あたかも処女懐胎を否定するような内容(レビュー)。 #読書

『新約聖書を知っていますか』(阿刀田高):初心者のための新約聖書入門 クリスマスをはじめとして、日本の文化にキリスト教が影響を与えていることは誰もが認めることでしょう。しかし、キリスト教の聖典である新約聖書を読んだことがある人はほとんどいな…

一人暮らしの盲目の女性(ミチル)と殺人犯として追われている男性(大石)、2人の目線から物語が進められていきます…感想・書評「暗いところで待ち合わせ:乙一」ネタバレ注意・(レビュー)。 #読書

乙一の「暗いところで待ち合わせ」はいい意味で裏切られました。 乙一といえば、私の中ではグロかったり怖かったりのイメージが強くありました。 この作品を手に取ったときも、表紙の雰囲気や題名からまたそのような作品なのだろうなと思っていました。 しか…

感想・書評「妖怪王特別増刊 怪異見聞録 青梅百鬼夜行 編集・山口敏太郎」ネタバレ注意・青梅発祥の雪女伝説や、各地の妖怪伝説などを紹介しており民話(レビュー)。 #読書

妖怪王特別増刊 怪異見聞録 青梅百鬼夜行 編集・山口敏太郎 青梅にある昭和レトロ商品博物館で入手しました。 青梅発祥の雪女伝説や、各地の妖怪伝説などを紹介しており民話や歴史好きな方はとても楽しめる一冊となっております。

感想・書評「流れ星が消えないうちに:橋本紡」ネタバレ注意・奈緒子と巧君の間に常に居続ける加地君(レビュー)。 #読書

流れ星が消えないうちに 橋本紡 最初から最後まで「切ない」恋愛小説でした。 奈緒子と巧君の間に常に居続ける加地君。奈緒子にとっては突然の事故で失った恋人で絶対に忘れられない存在であり、巧君にとっては最高の友人だった存在。加地君という一人の人物…

感想・書評「東京會舘とわたし(下)新館:辻村深月」ネタバレ注意・建物の歴史と、そこで働く人々、客として利用してきた人々のエピソードが章ごとに語られていきます(レビュー)。 #読書

東京會舘とわたし(下)新館 辻村深月 「東京會舘」という歴史ある建物のことを、この本を読むまで知りませんでした。しかし、読み終わった今では、建て替えの終わった新本館を、自分なりの何か特別な日にゆっくり訪れたい。そしてレストランで由緒あるお料…

感想・書評「苦手な人が気にならなくなる本:山崎洋実」ネタバレ注意・無意識に自分のパターンで生活し、行動している(レビュー)。 #読書

苦手な人が気にならなくなる本 山崎洋実 いろいろ納得できました。 私は人の心理などをするのが好きで、人付き合いの本などを何冊か読んでいます。 この本は人はそれぞれ無意識に自分のパターンで生活し、行動していることが書かれていて「何でこの人はこう…

感想・書評「〈刑務所〉で盲導犬を育てる」ネタバレ注意・育成は完全なプログラムではなくて「希望者プログラム」なんですよね(レビュー)。 #読書

〈刑務所〉で盲導犬を育てる (岩波ジュニア新書) 大塚 敦子 (著) 岩波のジュニア新書なので正直。本当にこんなあっさりした本や内容でいいのかなぁ、と。普通の新書になれているひとだったら物足りないでしょう。 実際盲導犬が必要かどうか、という意味合い…

感想・書評「この世に命を授かりもうして:酒井雄哉」ネタバレ注意・天台宗大阿闍梨で2013年9月に亡くなられていらっしゃるのですが、実は隠れたベストセラー(レビュー)。 #読書

「この世に命をさずかりもうして」:酒井 雄哉(さかい ゆうさい)/「いま」を生きていくことの大切さ 著者の酒井氏は、天台宗大阿闍梨で2013年9月に亡くなられていらっしゃるのですが、実は隠れたベストセラーでつい最近新聞で取り上げられました。 新聞で…

感想・書評「東京すみっこごはん:成田名璃子」ネタバレ注意・いじめられている女子高生が保護者である祖父とのミスコミュニケーションから始まる(レビュー)。 #読書

東京すみっこごはん 成田名璃子 誰かとご飯が食べたくなる 書店でたまたま気になったタイトル。タイトルと表紙だけで購入してしまった。『東京すみっこごはん』というタイトルから読む前には、お一人様でごはんを食べているストーリーだろうと思っていた。悲…

主人公は、郵便配達員として働いている30歳の「僕」です…感想・書評「世界から猫が消えたなら」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

川村元気「世界から猫が消えたなら」を読んで泣きました 前々から、本屋さんで見かけて気になっていた本の1冊に、川村元気「世界から猫が消えたなら」があります。 表紙に可愛い猫の写真が使用されているから、猫好きの私にとっては見逃すことができない本…

感想・書評「ボビーだと思います:ボビーオロゴン著」ネタバレ注意・実は本当によく考えているし頭もいいんだなあと(レビュー)。 #読書

ボビーだと思います ボビーオロゴン著 彼が日本へ来てからのことが楽しく読めました ボビーオロゴンというとまあ失礼な言い方ですが、バカばっかやって、ふざけてるイメージがやっぱり強いですね。テレビでいつもそんな姿だからですが。でも彼だって表面はあ…

感想・書評「いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか:Shin5」ネタバレ注意・実話:奥さんが出会ったきっかけが書かれていて(レビュー)。 #読書

いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか Shin5 うらやましいなー このShin5さんが書いた本は、もともとTwitterで有名になったことから本を出す事になったみたいです。この本は実話でShin5さんの家族のお話や奥さんとの出会いなど書かれています。ま…

感想・書評「オールドテロリスト:村上龍」ネタバレ注意・暗く絶望的なのに高揚する、もっとも弱い者が世界を変えるみたいな気分になる(レビュー)。 #読書

「オールドテロリスト」村上龍 絶望的だが高揚する! 暗く絶望的なのに高揚する、もっとも弱い者が世界を変えるみたいな気分になる。この人が持つ根源的なテーマは何処から来ているんでしょう。 物語の語り手であるジャーナリストは「希望の国のエクソダス」…

感想・書評「火花:又吉直樹:」ネタバレ注意・さすが芥川龍之介賞受賞作。非常に読みやすい文章でお笑い芸人のポリシーが伝わってきます(レビュー)。 #読書

火花:又吉直樹:さすが芥川龍之介賞受賞作。非常に読みやすい文章でお笑い芸人のポリシーが伝わってきます さんざんテレビで取り上げられていたときには、読む気が起きなかったのに、たまたま立ち寄った古本屋で見つけて購入してみました。 読んでみて、ビッ…

キクりんと肉子ちゃんは貧乏な暮らしをしていて…感想&書評「漁港の肉子ちゃん(西加奈子)」(ネタバレ注意)感想レビュー。 #Novel

漁港の肉子ちゃん(西加奈子)、いろいろなざわめきが聞こえてくる 久しぶりにもう一度読みたい、絶対手元に置いておきたい本を読んだ。 それが、『漁港の肉子ちゃn』という作品。 西加奈子の作品はほかにも読んだことあるけれど、これが今のところピカイチ…

感想・書評「灯台守の話(ジャネット・ウィンターソン)」ネタバレ注意・海外小説らしい奇抜さと明確なメッセージを突きつけてくる1冊です(レビュー)。 #読書

『灯台守の話』(ジャネット・ウィンターソン):仕事に生きるな、愛に生きろ。 日本の小説のほとんどが働く人をテーマにして、仕事・恋・家族の関係に悩む様子を描くようになりました。しかし、そんな内容は現実世界で私達が直面している出来事ですから、わざ…

感想・書評「友がみな我よりえらく見える日は(上原隆)」ネタバレ注意・生きていると「自分の人生は人より劣っているのではないか」と疑問に思うことがあります(レビュー)。 #読書

『友がみな我よりえらく見える日は』(上原隆):これがノンフィクションだ 生きていると「自分の人生は人より劣っているのではないか」と疑問に思うことがあります。収入や地位やワークライフバランスなど、色々なことで、人は自分の人生を測りたがるものです。

感想・書評「サマータイム:佐藤多佳子」ネタバレ注意・事故で片腕を亡くし、同時に父親を亡くした少年、広一を中心にした連作短編集(レビュー)。 #読書

佐藤多佳子『サマータイム』はピアノをめぐる短編集 事故で片腕を亡くし、同時に父親を亡くした少年、広一を中心にした連作短編集です。 特別何か起こるような話ではないのですが、何気ない日常から感情が変化していく感じが美しかったです。誰かが悪いわけ…

感想・書評「それでも僕は夢を見る 著者 水野 敬也 画 鉄拳」ネタバレ注意・イラストはパラパラ漫画でお馴染みの、お笑い芸人である鉄拳が描いたもの(レビュー)。 #読書

それでも僕は夢を見る 著者 水野 敬也 画 鉄拳 家族関係や仕事、恋愛など何もかもがうまく行かずに落ち込んでいた時に出会ったのがこの一冊です。 イラストはパラパラ漫画でお馴染みの、お笑い芸人である鉄拳が描いたものなので割と馴染みやすく親近感がわき…

感想・書評「カント・アンジェリコ:高野史緒」ネタバレ注意・電気という一見無機質なものが加えれたロココ時代に繰り広げられる(レビュー)。 #読書

高野史緒『カント・アンジェリコ』 官能に満ちた声楽SF 高野史緒の作品は、いつも一風変わっている。たとえばフランス革命の時代に、たとえばマーラーの時代に、いきなりロボットを、テレビを持ち込んでくるのだ。本書もそんな中の一つ、電気の存在する、ル…

感想・書評「徹底攻略Java SE 7 Silver問題集」ネタバレ注意・通称「黒本」と呼ばれているシリーズで、「紫本」などと合わせて使う人が多いようです(レビュー)。 #読書

徹底攻略Java SE 7 Silver問題集、これ一冊で試験クリア! 実務でJavaをやっているので、Bronzeを飛ばしてSilverを受けることにしました。 この本は通称「黒本」と呼ばれているシリーズで、「紫本」などと合わせて使う人が多いようです。

感想・書評「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え(岸見一郎・古賀史健)」ネタバレ注意・「トラウマ」等を否定し人の行動には必ず「目的」があると言い、「原因」を言い訳だと言います(レビュー)。 #読書

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎 古賀史健 明日から幸せになることができる本 この本では、「トラウマ」等を否定し人の行動には必ず「目的」があると言い、「原因」を言い訳だと言います。どんな過去があろうと、その原因が理由で人…